感じやすい女の子へのクンニとパイズリ

鶯谷でデリヘル嬢を呼んで、シャワーでゆっくり隅々まで洗いっこしてると和んできました。
それからお風呂でまったりしていると、いかにも鶯谷の優雅な夜のひとときとなりました。
決してベタベタしたわけでもありませんが、その一体感ったら表現のしようもないです。
それからベッドに行くと、お○○こも堂々と舐められたような気がしました。
クリトリスの周辺からべろべろちゅっちゅしてたら、何だかへらへらしながらお尻を振ってきました。
そこへクリトリス本体を攻めると、「あぁ、いやぁ、だめぇ、そこぉ、もっとぉ」といい感じになってくれました。
目の焦点が合わなくなっているのが面白くてたまりませんでした。
真正面からおっぱいを掴んで握り潰すかのように揉み解すと「あへ~ん、へ~ん」と変な声になりました。
いつになく感じやすい子だなあとか思ってはいましたが、そのまま「だめぇ、いく~ん」と言ったらぐったりしてしまいました。
「ちょっと早過ぎ、ちょっと待ってよ、どうしてくれんの?」と思ってましたけど、そこはプロ意識なのかすぐにリカバリーしてくれました。
今度は上になってくれてパイズリをしてくれました。
自慢のプレイらしくて、それらしいおっきなおっぱいが顔を覆い尽くしてしまいました。
そのふくよかなおっぱいがだんだん下の方に移動していって、立派になった息子も挟んでしまいました。
これはAVではたまにやってるプレイですが、現実にしてもらったのは初めてでした。
まだまだ出してしまっては早過ぎると思ってましたが、今度はこっちが早過ぎになってしまいました。