鶯谷でのデリヘル体験

ノーパンでご訪問の女の子

鶯谷の女の子はそれだけで一つのブランドが付いているようです。
デリヘル嬢もそうで、おしとやかで清楚な雰囲気の美人が来るのかと思ったら、全くそんな事も無かったのも発見でした。
いろいろいるのでしょうけど、とても明るいタイプでスレンダーな足のラインをさんざん見せつけられたものです。
ノーパンのオプションで来てもらったのですが、期待通りのミニスカで股間から鶯谷の雅の香りがしてきたようでした。
それも気にする様子も無かったので、念のためにも確認しようとローアングルから見上げたらそこは陰毛らしきもので黒ずんでました。
「やっぱりノーパンだ」と子供の様に床の上で、はしゃいでしまうと上からにんまりしながら見下されるような目線が眩しかったです。
その奥地に向かってまず足にしがみつきました。
近寄るほどに中が良く見えました。

いきなりはあはあしながら舌を出して足を舐めながらそこに近づいていく、このスタイルがノーパンの楽しみ方なのです。
スレンダーでも太ももはしっかり柔肉も付いていて感触も豊かになりました。
弾力もあって押し込むたびに奥の方がびくんびくん反応しているかのようでもありました。
立たせたままなのもあんまりなので、ソファに座らせて手を突っ込んだらさながら痴漢そのものでした。
「きゃん、こわぁーいー」と入れた手を上から押さえつけられて抵抗されました。
でも構わずにあそこに到達してぐにぐにしました。
「やっだぁ、気持ちいいじゃん」と鶯谷っぽくない女の子になってきたのです。